今度も白黒つけるぜ!!映画「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」非公式ファンサイト

当サイトは哀川翔主演映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』の
非公式ファンサイトです。

ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』(ゼブラーマン ゼブラシティのぎゃくしゅう)は、2010年5月1日から全国の劇場で公開された日本映画。製作は「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」製作委員会。配給は東映。2004年に公開された『ゼブラーマン』の続編として制作され、公開年が前作の物語上の年である2010年となった。キャッチコピーは『女が最強。男なら戦え。』『今度も白黒つけるぜ!!

また前作同様、山田玲司による漫画版『ゼブラーマン2 〜ゼブラシティの逆襲〜』が『月刊!スピリッツ』にて連載されていた。

ストーリー

ゼブラーマンこと市川新市が地球の平和を守り、その姿を突如消してから15年後の2025年。東京都は付近の行政区を統合してゼブラシティへとその名を変えていた。

ゼブラシティではゼブラタイムという特別な時間が設けられていた。それは朝と夕方の5時から5分間だけ、警察官(ゼブラポリス)や議員などの権力者はあらゆる犯罪行為を許されるというもので、「弱者は淘汰されねばならない」という相原知事の意志による狂気の独裁ルールだった。

だが、この「狂気の5分間×2」の効果で犯罪件数は逆に半分以下となり、ゼブラシティは表面上の平和を保っていた。その効果は国際的にも認められ、 アメリカのいくつかの州では、犯罪減少を目的として「ゼブラタイム」を導入することを検討していた(ただし相原知事が「ホワイトハウスから連絡があった」 と公にコメントしたのみで、事実かどうかは不明)。

様変わりしたゼブラシティの道端で市川は突然目を覚ます。しかし、彼は記憶を失っており、超人的なパワーも「白」の部分しか存在しなかった。ゼブラ タイムによって迫害された人々が身を寄せるコミューン「白馬の家」に匿われた市川は、あるきっかけで自分がゼブラーマンであることを思い出し、本当の平和 を取り戻すべくリハビリに励む。

一方、ゼブラシティのブラックヒロイン、ゼブラクィーンこと相原ユイは、知事の娘であり超人気ロック歌手でもあった。彼女の歌う「ゼブラクイーンの テーマ」は40週連続でゼブラシティのヒットチャート1位を獲得し、世界を「黒」と「悪」に染める彼女のパフォーマンスは絶大な人気を誇っていた。私生活 でも「黒」と「悪」に異常な拘りを持ち、白い色や癒し系アイドルに対して強烈な敵意を抱いた。単なるロック歌手ではなく、世界の女王となる野望を持つ相原 ユイだったが、そんな彼女の生い立ちには、恐るべき秘密と、世界を揺るがす巨大な陰謀が隠されていた。

全てを黒に、悪に染めることを生き甲斐とするゼブラクィーンにとって、正義のヒーローゼブラーマンは邪魔以外の何物でもなかった。ゼブラーマンの復活を知った相原ユイは、ゼブラポリスに彼の抹殺を命令する。復活を遂げたゼブラーマンは、ゼブラポリスの襲撃を跳ね返し、相原ユイの秘密を暴き、その野望 を打ち砕くべく活躍する。

キャスト

  • ゼブラーマン / 市川新市:哀川翔
  • ゼブラクイーン / 相原ユイ:仲里依紗
  • 新実:阿部力
  • 浅野晋平:井上正大
  • TV版ゼブラーマン / 市場純市:田中直樹(ココリコ)
  • 相原公蔵:ガダルカナル・タカ
  • すみれ:永野芽郁
  • エイリアンの声:水樹奈々
  • ゼブラミニスカポリス / 如月優実:稲生美紀
  • ゼブラミニスカポリス / 結城理沙子:大橋沙代子
  • ゼブラミニスカポリス / 真木悠:清水ゆう子
  • 美咲美香:スザンヌ
  • 衣装デザイナー:波岡一喜
  • 相原に襲いかかる男:木下ほうか
  • イノシシ男:中野英雄
  • 外科医:六平直政
  • 国会議員:前田健
  • TVレポーター:生瀬勝久
  • ユイを撮る写真家:レスリー・キー
  • 岸田美穂:マメ山田  
  • エンドロールナレーション:水木一郎

スタッフ

  • 企画プロデューサー:平野隆(TBS)
  • 制作統括:黒澤満(セントラル・アーツ)
  • プロデューサー:岡田真(東映)、岡田有正(TBS)、服部紹男(セントラル・アーツ)
  • 監督:三池崇史
  • 脚本:宮藤官九郎
  • 撮影:田中一成(J.S.C)
  • 照明:佐藤浩太
  • 録音:湯脇房雄
  • 編集:山下健治
  • 音楽:池頼広
  • 美術:坂本朗
  • 音響効果:柴崎憲治
  • 製作プロダクション:セントラル・アーツ
  • 製作:『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』製作委員会

主題歌

『NAMIDA〜ココロアバイテ〜』ゼブラクイーン - 劇中に登場するゼブラクイーンとして仲里依紗がリリースした。

。映画の中では、2025年のゼブラシティにおいて40週連続1位という設定。ソニー・ミュージックレコーズより、2010年4月21日にリリースされた。

初回生産限定盤にはDVDがつき、それぞれの曲のMusic Videoが収録されている。

収録曲
  1. NAMIDA〜ココロアバイテ〜
    作詞:田中秀典, エミー 作曲:小形誠, 井尻希樹 編曲:飛内将大
    映画主題歌
  2. ゼブラクイーンのテーマ
    作詞:宮藤官九郎 作曲・編曲:飛内将大
    映画挿入歌
  3. NAMIDA〜ココロアバイテ〜 (inst.)
  4. ゼブラクイーンのテーマ (inst.)

漫画版『ゼブラーマン2 〜ゼブラシティの逆襲〜

『ゼブラーマン2 〜ゼブラシティの逆襲〜』のタイトルで連載。原作同様、前作『ゼブラーマン』の続編(IFの物語)となっている。

山田玲司

山田 玲司(やまだ れいじ、1966年1月8日 - )は、日本の漫画家。東京都出身、埼玉県越谷市在住。多摩美術大学美術学部絵画学科油絵専攻卒。

代表作に『Bバージン』『絶望に効くクスリ』などがある。

1966年に東京都で生まれ、7歳から越谷市にて育つ。10歳の頃に手塚治虫に 憧れ、漫画家を志す。小学校、中学校と全く勉強をしていなかった為に高校は地域で最低レベルの高校に進学する(「ほんとにひどいバカ高校にいたんだよ。生 きることに対する意識が低くてね、自分はマンガのこと、社会や文化のこと、真剣に考えていたんだけど、そんなことを真剣に考えることをバカにする空気が流 れてたね。」京都大学新聞インタビューから抜粋)。学校教育や教師に対しては否定的な描写が多い。高校時代に、漫画家になると言いながら具体的な行動を起こさない息子を心配した父親が美大行きを薦め、美大受験の為に予備校に通うようになる。絵にはあまり自信はなかったが、現役で美大に合格してしまい苦労したという。卒業後は(親の出資で)個展を開くなどして画家を目指していたが、1986年に講談社の『コミックモーニング』に掲載された『17番街の情景』で漫画家としてデビューする。

在学中はたかはまこから漫画やその後についてのアドバイスを受けたという。漫画家の江川達也の元アシスタントであり、当時のチーフアシスタントは藤島康介。初期作品では、大学時代の後輩であるウエダハジメや冬目景、またきらたかしなどがアシスタントを務めていた。

一時は「手塚治虫の意思を継ぐ者」と自称し、自作の中で度々自分と手塚治虫との対話場面を描いている。近年の京都大学新聞のインタビューでは「マンガ自体が俺にとって一つのツールに過ぎないんだよ」と発言している。また後年の自作の中で、過去の作品で「エンターテインメントとしての漫画表現を迫られた時は苦痛だった」と告白している。

ゼブラミニスカポリスの逆襲

映画の公開に先駆け2010年4月9日に発売されたオリジナルビデオ。映画にも登場するゼブラミニスカポリスを主人公にしたスピンオフ作品。発売は東映ビデオ、販売はハピネット。映画の1年前のゼブラシティが舞台となっている。

ストーリー

東京都知事の相原公蔵が、東京をゼブラシティへと改名した後の2024年。 格差を拡大させる異常な政策を推し進めていく知事は、反抗する者たちによって常に命を狙われていた。 そんな知事を守るため、冷酷で強力なゼブラポリスを凌ぐ戦闘能力を持つ特別警護部隊が結成された。

熾烈な訓練を生き残った一騎当千の三人の美女。 その名はゼブラミニスカポリス! 接近戦にずば抜けた能力を持つ彼女らは、あらゆる危険から身を挺して知事を守る無敵の戦士である。

彼女たちが辛く悲しい過去を胸に秘めつつ、ゼブラミニスカポリスとして始動するまでの成長を描く。

キャスト
  • ゼブラミニスカポリス / 如月優実:稲生美紀
  • ゼブラミニスカポリス / 結城理沙子:大橋沙代子
  • ゼブラミニスカポリス / 真木悠:清水ゆう子
  • 結城早百合:夏目鈴
  • 反乱軍メンバー:笠原紳司
  • 反乱軍リーダー:徳井広基
  • 緒方:本宮泰風
  • 相原公蔵:ガダルカナル・タカ
スタッフ
  • プロデューサー:岡田真、木村俊樹
  • 監督:西海謙一郎
  • 脚本:福嶋幸典、龍一朗

前作『ゼブラーマン

シリーズ1作目である『ゼブラーマン』は、2004年2月14日から全国の劇場で公開された日本映画。その中に登場する劇中劇、およびその主人公。そして、映画とタイアップして登場したプロレスラー。キャッチコピーは『白黒つけるぜ!!

監督は三池崇史。俳優・哀川翔の主演100作目を記念して製作され、この映画で哀川は第28回日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を受賞した。製作は「ゼブラーマン」製作委員会。配給は東映。2010年には続編の『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』が公開された。

また、山田玲司による漫画版が『ビッグコミックスピリッツ』にて連載された。

ストーリー

舞台は2010年。生徒からも家族からも疎まれる冴えない小学校教師市川新市は32年前に低視聴率で僅か7回の放送で打ち切りとなった特撮テレビ番組「ゼブラーマン」に登場する「白黒つけたぜ」が決め台詞のヒーロー・ゼブラーマンのコスプレという特異な趣味を持つ。

その頃、市川の住む地区で、地球征服を目論む宇宙人による奇妙な事件が続発。ひょんなことから市川は憧れのゼブラーマンに扮しその宇宙人と戦うことになるのだった。

備考・トリビア

  • 当初は映画自体も漫画版同様に『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』というタイトルで公開すると発表していたが、公開2ヶ月前に現在のタイトルに変更された。そのため、チラシ・前売券等には題名が『ゼ ブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』と印刷されたままになっており、本編も漫画版も(画面上の)タイトルは『ZEBRAMAN 2 ゼブラシティの逆襲』と表示されている。
  • 映画館で販売する前売券の特典は、「白黒つける」という意味からオセロゲーム風のミニゲームが採用された。
  • 初日舞台挨拶ではスタントマンを使わずに全てを1人で演じた48歳のマスクド・ヒーローは世界最年長になるはずと、『世界最年長ヒーロー』と『ヒーロー俳優として200時間以上のワイヤアクションに挑戦』をギネスに申請すると発表している。
  • 2010年5月1-2日初日2日間で映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第12位となった。またぴあ初日満足度ランキングでは第3位となった。
  • 2011年5月7日にWOWOW初放映。